要旨
再び、フォトサークルに興味を持った僕が、「神戸 フォトサークル」と検索して、出て来た結果から、神戸のフォトサークルを、サイトから抜粋、整理し、紹介しています。

大概の他の姉妹サイトのまとめ記事もそうなのですが、今回も、自分が再びフォトサークルに興味を持ったのを機会に、まとめました。

キッカケは、少し面白い写真展を鑑賞し、その際、紹介された月例会に参加したのが、キッカケです。

フォトサークルには、1度、参加しており、その後も関心は持っていたのですが、ある時期から、「写真って、一人で勉強し、一人で撮るもの。」と考え出しましたが、やっぱり、「合評って、色んな意見が聞けて面白いなぁ。」と再認識しました。

それに、写真雑誌やサイトなどで、自分なりに写真を見るセンスを磨いているつもりですが、Facebookの写真のグループなどで、評価を得ている写真が、随分と自分のセンスとずれている。

という事もあり、自分の写真やセンスが、「王道を行ってるのか。」、それとも、「王道より外れているけど、面白い線を行ってるのか。」、また、「全然ダメなのか。」、ちょっと確かめたいなぁというのがあります。

それによって、軌道修正を掛けてみたいと考えています。

勿論、似たような年代のカメラ仲間を探してというのもあります。

神戸写ッターチャンス倶楽部

http://www.kobekobe.tv/detail/index_163.html

 

神戸写ッターチャンス倶楽部

活動場所

三宮・元町・旧居留地中心神戸市内から阪神間

撮影する写真

趣味のオモチャ小物であったり、人物であったり、何気ないフォトであったり、魅惑のスポット、あるいはミステリースポット、B級グルメetc…と雑食ですが愛する街神戸のヒトコマを大事に、そして見てもらえて何かを感じていただけるような、気に入っていただいてツッコミをいれられるような・笑そんな写真。

活動内容

ストリートスナップ撮影、異業種・異文化交流会、趣味仲間と飲み会など。

管理人さん

果敢に挑戦!お気楽フォトグラファー! | Vagabondoe

管理人さんは、個性的なお写真を撮影されているようです。

メールで連絡を取りました。

性格などに難ありです。

普通、お友達とかに宣伝して欲しいと言って、「ブログで紹介しておきました。Facebookで宣伝しておきます。」と答えると、「ありがとうございます。」とかだろうけど、そういうのもないし。

長文の文章をメールで送ってくれたのは、有り難いのですが、その文章を見ても、頭が悪そうです。

解読という作業が必要なレベルです。

Facebookでも、ネットウヨのようなことを投稿してました。

神戸フォトアート倶楽部 – αcafe | ソニー

https://acafe.msc.sony.jp/circle/home/c/0000000124

 

神戸フォトアート倶楽部 – αcafe | ソニー

現在、会員が50名に達し、一時、入会募集を締め切っている。

詳しくは、下記のFacebookページのリンクをご覧下さい。

活動場所

神戸、大阪、京都

年会費 1000円
H29年より2,000円

撮影する写真

冬は工場撮影、春は植物園や街の撮影、夏はひまわり 畑、秋は紅葉など。

活動内容

無料撮影会 年4~5回
講師が来られる有料撮影会 年4回 1回5000円から6500円。

有料撮影会のみ会員以外の方もご参加いただけます。
参加料にプラス500~1000円

その他、画廊巡り、ランチなど。

撮影会などの告知

fufuのときどきカメラ

管理人さん

fujiさん|αcafe ソニー

 

Facebookページ

NHK文化センター神戸教室:神戸シニアフォト倶楽部

https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_426019.html

 

NHK文化センター神戸教室:神戸シニアフォト倶楽部

講師 全日本写真連盟関西本部委員 垣村 早苗

対象者

初心者も含む。

活動内容

開催期間 4/13~9/28

曜日・日時 第2・4水曜 10:00~12:00

撮影会 原則第4水曜

講評

教室の回は体験可能。お電話でお問い合わせ下さい。

現時点(2016/06/29)で、残席あり。

TOY’s BOX kobe

http://ameblo.jp/toysbox0302/

 

TOY’s BOX kobe

活動場所

関西

活動内容

月1回の撮影会。

アメブロの管理人さんのアメンバーを見ると、メンバーのほとんどは、30代前半くらいの女性ですね。

ただ、たまたま、メンバーで、アメブロをやっている人が、そうなのか、アメブロを通して広まったのかは、わかりません。

TOY’s BOX kobeのプロフィール|Ameba (アメーバ)

写友萌黄~神戸の写真クラブ

http://www.s-moegi.com/

 

写友 萌黄(もえぎ)

講師  山脇英行

写真を愛し 楽しみながら 自分たちで工夫して 上達してゆくことがモットーです。

会 費   ・・・・   毎月 1,000円   入会金は不要です

対象者

初心者も含む。

撮影する写真

季節に応じて 祭り・イベント・風景・花など幅広く。

活動内容

例会    毎月 1回   ・・・・  第2日曜日(変更することもあります)

場所 神戸市立 兵庫勤労市民センター 会議室

撮影会   毎月1回

年に一度は 宿泊撮影旅行も計画。

写友 萌黄 2016年度 行事(予定)

こちらも見学へ行って来ました。

皆さん、とても好意的でした。

形式として、並べられたみんなの写真を互選で選び、得点を付けていきます。

写真は、一人5枚、準備します。

そして、得点順に順位を決めます。

そして、撮影した人の名を隠したまま、その写真に票を入れた人が感想を述べます。

その後、本人が感想を述べ、プロの先生と顧問の方が講評します。

不慣れながら、司会みたいにまわしていくメンバーの方がおり、非常によくできています。

ただ、ちょっと僕的には、日曜日の半日を使うのと、これは、どこのフォトサークルでも行うのですが、グループ展に興味がなかったり・・・・。

 

再度、今年(2017年)、行ってきました。

中の実態は、とんでもないのです。

神戸って開放的なのですが、大阪からも何人か来ているようですが、参加メンバーのほとんど、ネクラでオタクで全く社交性がない人達ばかりです。

年齢層は、8割、60以上の退職者です。

いつの間にか、半日から、1日となっていましたが、休日丸1日使うというところで、現役社会人のことをまるで考えていない。

同世代の見学者の方と昼食にしようとしつつ、一緒に歩いていると、成り行き上、会長とおぼしき人とも一緒に、食堂に着くと、何故か60過ぎのおじさん達も、ぞろぞろ。

そして、昼食の間、会長以外は、社員食堂でもないのに、黙々と食べているのです。

中には、性の悪い人らしき人も居るので注意。

というか、講師も教えると言うより、性格が悪そうです。

講師だけでなく、人間の器の小さな方ばかり。

一流の写真家の本には、「テクニックも大事だが、人間性を磨け。」と書かれているにも関わらず。

それは、同じ被写体でも、小説や何かをよく読んでいる人間とでは、抱くイメージが違うという意味でだろうが。

尚かつ、講師の指導も、構図がどうとかより、いまだに印象批評です。昭和の時代。

なので、ほかの人の写真を見て、自分が撮る時のヒントは得られても、講評からは、何も得られないのです。

「鳩は鳩。」とか言ってるような感性のカメラマンに、いい写真が撮れるとは思えないのだ。

僕の写真の講評で、「綺麗だけど・・。」とか綺麗なだけみたいに言われましたが、風景写真や自然の写真で、ほかに何が求められるのか、教えて欲しいです。

それに、1枚、「ピントが合っていない。」という指摘が入りましたが、違うサークルのプロの講師にも見て貰ってますが、そういう指摘はないし、帰って見ても、どこがピントが合っていないのか、全くわかりません。

参加メンバーが出す写真も、現在、多くの写真誌が出ている中、「アサヒカメラ」のようなコアな写真ばかりでした。

20代~50代くらいの人も居ましたが、その多くは、何らかの役に就いてました。
その構図は、60以上の退職者のために、いいように使われているという観がありました。

既に退会したのですが、その際、講師に、入会時に払った6000円は、もういいですとメールでお伝えしたのですが、普通、常識のある組織や人間なら、ほんとにいいんですかとか6回分の1回しか参加されてないので、5000円はお返しします。とかになるのだろうが、全く音沙汰無しなのです。

フォトサークルK・S・C

http://photozou.jp/user/top/3169890

 

フォトサークルK・S・C

会 員 入会料 5000円 月会費 5000円

撮影する写真

風景・ポートレート・ヌード他 映像

活動内容

毎月1回 第二土曜日又は第三土曜日に、神戸周辺にて撮影勉強会を開催。

モデル撮影会も月1回(参加費別途)で開催。

関西写真くらぶ

http://www.kpcnet.jp/

 

モットーは「自由であること」。

入会金、年会費などは必要なし。

活動場所

大阪・神戸・京都・奈良など関西圏を中心。

活動内容

毎月1回程度様々なジャンルの撮影会を開催。

秋に写真展を開催。

年に一回ほどの遠征も予定。

活動は自由参加になっており、自分の都合に応じて撮影会掲示板に書き込みを行い、参加者を集めたり参加表明したりしています。

撮影会掲示板

メンバー

男女比は6:4程度で、年齢は20~60代と幅広く在籍。

 

芦屋写真協会

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=459582630898919&id=174936556030196&substory_index=0

活動内容

撮影会等はなし。

芦屋市民ホール(ルナ・ホール)で合評会。

撮影する写真

アートな写真。

写真展が面白かったので、見学へ行って来ました。

が、とんでもないのです。

確かに、中には芸術的な写真は存在しましたが、皆さん、まるで「写真のイロハ」がわかっていらっしゃらない。

皆さん、温かく、歓迎ムードの中、何が気に入らないのか、スライドを映している、恐らく、この会の一番の主催者と思われる方が、僕に無愛想で、全く歓迎されませんでした。

その超高齢者は、頑なで、メンバーの人が何度か、スライドのことで意見を言っても、まるで受け付けないのです。

その方の写真も、とても作品のレベル以前です。

プロの先生がいない場合、メンバー同士で社交的にではなく、ガチンコ勝負で合評するという試みは、確かに面白いかも知れませんが、それは、ある程度、写真テクニックを勉強し、心得ている人達でやればという話です。

いかにも、芦屋のお嬢さんらしい発想の、「家の風呂場をちょっと撮ってみました。」という訳のわからない写真も混じり、そして、そんな写真が違和感を、あまり感じないレベルです。

それに、いくら綺麗でも、フォトサークルに、スマートフォンの写真が混じるというのも、僕には、意義を感じられないのですが・・・・。

まあ、写真が面白いではなく、素人の私でも、好きに思う存分、他人の写真に色々言えるのに、面白みを見いだしている、そんな感じです。

正直、真面目に勉強し、撮影している人達の存在を愚弄しているとすら言えます。

スタイリッシュフォトレッスン・女性のための写真教室

http://www.flowertuft.com/photo.html

 

撮りたいものを美しく―女性のためのおしゃれなフォトレッスン♪

「神戸 フォトサークル」の検索結果ででてきた一つです。

フォトサークルでなく、フォトレッスンなので、紹介だけにとどめておきます。

詳細は、リンクをご覧下さい。

撮影会や旅先で30代くらいの女性が、元気よく参加しており、こういうのを見ると、カメラ、鉄道とかは=男の世界という感じだったのですが、頼もしい限りです^^

 

波止場の写真学校

http://hatoba.meriken.jp/index.html
波止場の写真学校

こちらも同じく、「神戸 フォトサークル」のキーワードで出てきた写真の学校。

神戸・元町の栄町らへんは、個性的なオーナーによるフォトギャラリーが集っており、まだ全て行けてないのですが、写真界でも注目を集めているらしいです。

おそらく、その流れで、栄町をさらに海側に行った場所に、この写真学校が、設立されたものと思われます。

幾つものコースが用意された本格的な写真学校のようです。

 

整理しながら、まとめているうちに、自分が見学へ行こうと思うフォトサークルが、絞れました。

フォトサークルを選ぶポイントは、

初心者の方は、やはり、講師のいるフォトサークルがいいと思います。

あとは、1度見学するなり、メンバーの年齢層や雰囲気を参考にされればよいかと思います。

以上、トグサでした。

まとめ

神戸市って知名度は全国区だし、撮影会に行けば、昔ながらの参加者、退職者だけというのではなく、カメラ女子と言われる若い女性が参加し、SNSやスマホで誰でも、写真を楽しむ時代なのですが、こと、神戸市、こと、写真に関すると、退職して暇を持て余し、先輩風を吹かせる、高齢者、おじいさん、おばあさんの巣窟なのです。